2011年1月アーカイブ

5.png 今回は、前回よりもさらにCanvasと関係ない、敵と自機弾との衝突判定を実装します。
衝突判定の方法はいろいろあると思います。

canvas004.png

今回はシューティングに必要不可欠な自機弾と敵を作ります。
自機弾はオート連射、敵は上から下に突進するという仕様で作りたいと思います。

今回はCanvasとは関係しない、ゲーム作りに関する部分を作ろうと思います。

まず、自機の操作方法ですが、すごく簡単なつくりにしようと思います。
決して手抜きではありません。!!
マウスボタンが押されていないとき自機は常に左方向に移動し続け、マウスボタンが押されると右方向に移動することにします。
canvas003.png

前回Canvas要素を用意するところまでやったので、早く何か描いてみたいですね。

ところで、Canvasの使い方やリファレンスはHTML5.JPさんがわかりやすいです。

Canvasによる描画は基本的に、beginPathで「これから新しく描き始めるよ!!」と宣言し、画面には描画されないパスというもので形を作ってから実際に描画するという流れのようです。

私は今までDOMを駆使してゲームを作ってきました。
しかし、HTML5の特にCanvasの登場によって、ゲーム作りも大きく変わってきています。
すでにCanvasを利用したゲームライブラリなども登場してきているようですね。
IE9もCanvasをサポートすることですし、遅ればせながら私もCanvasの勉強をしようと思います。
ただ勉強するだけではつまらないので、ついでにゲームでも作っちゃおう!!

新年明けましておめでとうございます。

新年最初の更新と言うことで、今年の目標を。
新作ームを最低1本は公開したいですね。
あとは、ブログの更新をもう少し頻度を上げたいと思います。

ということで、本年もよろしくお願いします。

オリジナルゲーム

オンラインツール