EeePC 1000HEをChromiumOSで復活

| コメント(0) | トラックバック(0)
WindowsXPのサポート期限もあと数か月、時々思い出したように電気を入れて使っていたEeePC 1000HEもどうにかしないとと思っていたところ、最近ChromeBookが来だしているという記事を見かけました。
PCですることといえばネットサーフィンとメール、プログラミング!!
れらができれば十分なので、さっそくEeePC 1000HEでChromeOSのフリー版ChromiumOSを使ってみました。

手順は以下の通り

  • 起動用USBメモリの準備
  1. 最新のイメージファイル(私が使用したのはCx86OS-20140117010101.img)をChromium OS Buildsのdailyからダウンロード
  2. Image Writer for Windowsを使ってUSBメモリに書き込む
   ※ 書き込み前にUSBメモリをフォーマットしないと失敗する?

  • USB起動の設定
  1. 再起動して、起動時に「F2」キーの連打でBIOSの設定画面を開く
  2. 「Boot Booster」を「Disabled」に変更
  3. 保存して再起動
たったこれだけで、ChromiumOSを起動する準備は完了です。
さっそく、PCの電源ON、起動画面でESCキーを押して、USBドライブを選択、10秒ぐらい待つとChromiumOSが起動します(^^
無事起動したらgoogleアカウントの設定や日本語キーボードの選択などを適宜やっていきます。
選択した情報は記憶してくれるので、次回以降の起動時はログインパスワードを入れるだけです。

マウスだけを使うのであれば、これで完了なのですが、タッチパッドを使うにはもう少し設定が必要です。
詳しくはここに書いてあるとおり

  1. ctrl + alt + F2でターミナルを起動
  2. ユーザー名「chronos」、パスワード「password」でログイン
  3. 「sudo su」と入力し、エンターキーを押す
  4. 再度パスワード「password」を入力
  5. 「wget -qO- http://goo.gl/1VWycc | sh」と入力し、エンターキーを押す
  6. ctrl + alt + F1でターミナルを終了
  7. PCを再起動
それから日本語入力をするには

  1. 「設定」を開き、「詳細設定を表示...」をクリック
  2. 「言語」の「言語と入力の設定...」をクリック
  3. 「Mozc(日本語キーボード用)」にチェック
  4. 「完了」をクリック
これでctrl + spaceキーで英語/日本語入力を切り替えられます。

ネットサーフィンやメールはこれで十分(^^
あとはプログラミングをどうするか・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://murakya.net/mt/mt-tb.cgi/50

コメントする

オリジナルゲーム

オンラインツール